FC2ブログ

北辰塾☆情報局

狛江市の「北辰塾」から、受験に役立つ、いろいろな情報を発信します。

スター☆チャレンジ 地理編 第23回 6月10日

「日本有数の生産量」を持つ都道府県に
関連した問題です。

1、肉用牛の飼育頭数が最も多い
  都道府県は( )です。

2、ぶたの飼育頭数が最も多い
  都道府県は( )です。

3、鹿児島県、宮崎県などでは
  卵用ではなく食肉用の
  にわとりが多く飼育されて
  います。このような種類の
  にわとりを( )と言います。

1、2ポイント 2、2ポイント
3、1ポイント です。


解答とポイント事項を紹介します。

1、北海道

  かつては鹿児島県が1位でしたが、
  現在は北海道が1位です。ただし、
  北海道の肉用牛には、日本で
  改良されて作られた霜降りの
  「黒毛和牛」の生産が少ないのが
  特徴です。

  黒毛和牛は、中国山地・九州山地などの
  山間部で子牛まで育てられ、そこで買い
  付けられた子牛が別の場所で育てられ
  出荷されるという独特な方法をとります。
  「神戸牛」、「松坂牛」、「近江牛」などは
  ブランド和牛の代表です。

2、鹿児島県

  以前から「薩摩の黒豚」として有名でした。
  稲作に向かない土地が広がる鹿児島県では
  畑作や畜産が盛んです。さつまいもなどを
  飼料としてぶたを育ててきました。

  関東地方でもぶたの飼育が盛んでしたが、
  においや水の汚濁などの畜産公害が深刻と
  なり、現在ではお隣の宮崎県とともに南九州が
  ぶたの飼育の中心となっています。

3、ブロイラー

  卵を産ませて採るための鶏を採卵鶏、肉を食用と
  する鶏はブロイラーと言います。採卵鶏は大都市
  近郊での飼育が盛んですが、ブロイラーは大都市から
  離れた場所での飼育が盛んです。

  産地で加工されたブロイラーは冷凍されて、冷凍庫を
  備えたトラックで消費地まで運ばれます。「〇〇どり」と
  書かれた冷蔵トラックが高速道路を走る光景が数多く
  見られます。

食料に関する問題はよく出されますので注意してください。


  1. 2020/06/10(水) 14:30:00|
  2. スターチャレンジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スター☆チャレンジ 地理編 第24回 6月12日 | ホーム | スター☆チャレンジ 地理編 第22回 6月08日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ghokushin.blog73.fc2.com/tb.php/3932-1bfefd13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

相談・受付

カテゴリー

イベント写真

リンク

このブログをリンクに追加する

ほくしん来塾者